ローカルの開発環境とgithubを連携する

ローカルの開発環境とgithubを連携させる方法を紹介します。githubと連携させることで、コードを管理しやすくしたり、共同で開発しやすくなったりします。

githubにレポジトリを作成する

Githubで今ローカルで開発している環境と連携させるためのレポジトリを作成します。

レポジトリを作成すると、下記のようなURLが出来上がります。
https://github.com/ユーザー名/repository名

ローカル環境とgithubのレポジトリと連携する

ターミナルを使ってgithubと連携させたいローカル環境のディレクトリに移動します。

あとは、下記のコマンドをターミナルに打ち込んでいきます。githubの画面に書いてあるとおりです。

git init

git add .

git commit -m "コミットメッセージを書く(例:first commit)"

git remote add origin https://github.com/ユーザー名/repository名
※URLは対象レポジトリのもの

git push -u origin master

これで連携設定完了です。

開発で一区切りつくたびにコミットする

ローカルで開発を進めて、進捗があるたびにレポジトリにコミットしていきます。

コミットする方法は、初期の連携時とほぼ同じです。

git add .

git commit -m "コミットメッセージを書く(例:second commit)"

git push -u origin master

branchを切って、コードを管理する方法は別で紹介しますが、一旦、githubでコードを管理する方法は、この流れを覚えてしまったら良いと思います。

Ruby on Railsをこれから本格的に勉強したい人は「エンジニアになるための600時間のプログラミング学習に耐え抜くコツ」という記事がおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする