Railsアプリ(MySQL使用)をherokuにデプロイする方法

Railsアプリをherokuにデプロイする方法を紹介します。MySQLを使ったアプリの場合の例を紹介します。

herokuでアプリを作成する

herokuにログインします。

heroku login

をターミナルに打ち込むと、URLが表示されますので、そのURLをコピーしてブラウザで開いてherokuにログインしてください。

heroku create アプリ名
git remote

でherokuのgit URLが表示されることを確認してください。

git remoteで表示されたherokuのgit URLをリモートリポジトリに追加します。

git remote add heroku https://git.heroku.com/xxxxx-xxxxx-xxxxx.git

DBの環境変数の設定

下記のコマンドでClearDB MySQLというアドオンがherokuに追加されます。

heroku addons:create cleardb:ignite

※クレカ情報を入れないといけないです。igniteプランは無料なので安心してください。

heroku configと打ち込むと下記のようなClearDBのURLが表示されますので、コピーしておきます。

CLEARDB_DATABASE_URL: mysql://<ユーザー名>:<パスワード>@<ホスト名>/<データベース名>?reconnect=true

ClearDBのURLにもとづいて下記のようにherokuの環境変数の設定をしていきます。

heroku config:add DB_NAME='<データベース名>'
heroku config:add DB_USERNAME='<ユーザー名>'
heroku config:add DB_PASSWORD='<パスワード>'
heroku config:add DB_HOSTNAME='<ホスト名>'
heroku config:add DB_PORT='3306'
heroku config:add DATABASE_URL='mysql2://<ユーザー名>:<パスワード>@<ホスト名>/<データベース名>?reconnect=true'

heroku configをもう一度打ち込むと、設定した内容が反映されています。

本番環境のcompileの設定

config/environments/production.rbに下記の設定をします。

config.assets.compile = true #falseからtrueへ
config.assets.initialize_on_precompile=false

herokuへのデプロイ

ソースコードをコミットし、herokuにpushします。

git add .

git commit -m "コミットメッセージ"

git push heroku master

最後にherokuのDBのマイグレーションを行います。

heroku rake db:migrate
heroku open

すればアプリが立ち上がります。

herokuへのデプロイは、初心者のときは何日も手間取った記憶がありますので、同じ轍を歩まぬようメモっておきます。

参考:Herokuへのデプロイ方法【Heroku+Rails+MySQL】

Ruby on Railsをこれから本格的に勉強したい人は「エンジニアになるための600時間のプログラミング学習に耐え抜くコツ」という記事がおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする